-山とまちをつなぐ- いばきたフォトサイクリング2018-山とまちをつなぐ- いばきたフォトサイクリング2018
GUIDE
ご参加前の確認事項
「いばきた」フォトサイクリング2018への参加をご希望の方は以下の要綱をご確認ください。
対象 交通法規を遵守・マナー重視の走行など基本的な行動ができる、安全な走行が可能と自己判断できる健康な中学生以上の方(ただし、未成年者の参加には保護者の同意が必要となります)。小学生以下はハイキングでの参加が可能です。
※ルートによっては一定のアップダウンがあります
※参加費は1名分の料金(2,000円)×人数です
携行品 [必須]健康保険証、スマートフォンあるいは、写真を撮ることができる携帯電話やデジタルカメラ
※撮った写真を事務局で確認できないフィルムカメラでのご参加はいただけません

[推奨]飲料、食料、トラブルに対処できる工具・ポンプ等、セルフレスキュー用品(湿潤療法用の絆創膏などもオススメ)、金銭
自転車・装備 車両整備は事前に自己責任にて行うこと。
・使用自転車:ロードバイク、MTB、クロスバイク、小径車を含む公道を走れるスポーツ自転車など
・ヘルメット、グローブの着用を推奨します
・前後ブレーキ装備
・DHバーの使用は禁止
・前照灯、リフレクター等法規で定められた保安部品を装備した自転車
・雨具、防寒具(山間部ですので、急に寒くなることも考慮してご用意ください。防水素材なら雨具と兼用も)
ハイキング時の装備 ・適切なウェアと靴、リュックサック(必要に応じて水や食料)、地図、コンパスなど
・雨具、防寒具(山間部ですので、急に寒くなることも考慮してご用意ください。防水素材なら雨具と兼用も)
・水や食料など(自動販売機は設置場所が限られます。非常用も考慮し、あらかじめご用意ください)
レンタサイクル ご希望の方には「忍頂寺スポーツ公園」でレンタサイクル(有料)のご用意があります。車種はスポーツ自転車または電動アシスト付き自転車(台数に限りあり)を予定しています。
※お申し込みは、イベントの事務局よりご案内します
※場合によってはご希望の内容に添いかねる場合があります
コース コース(道順)は推奨コースを参照して各自にて決めて、自由にサイクリング&ハイキングを楽しみます。各スタンプスポットで、参加用紙にスタンプ押印と得点を記入。14:00~15:00の間にフィニッシュ地点(忍頂寺スポーツ公園)に到達して、終了です。
※全スポットを訪れる必要はありません
※訪れたスポット数やSNS投稿数に応じて、ポイントを獲得して楽しみます
走行ルール 1.走行時は、警察官や誘導員の指示が無い限り、特に次の交通規則を遵守すること。
  ・一時停止場所、赤信号で確実に停止すること。
  ・左側を1列で走行し、並走しないこと。
  ・道路及び交通等の状況に応じて、他人に危害を及ぼさない速度で走行すること。
  ・歩行者や一般の自転車には道を譲るなど、マナーを遵守すること。
2.交通事故を誘発するような危険な走行をしないこと。
3.誘導員の指示に従うこと。
4.基本的な手信号(左折・右折・停止)を行うこと。
5.追い越しをする場合は、周囲へのサインや声かけを行うこと。
6.一般道路の走行は、特に指示がない限り原則車道の左端を走行することとする。なお、コース上のトンネル内を含む歩道は「自転車走行可」ではありません。危険回避以外での歩道走行はせず、車道の左端を走行してください。トンネル内では、必ず点灯してください。
7.コース上に停車する場合は必ず路肩に寄せ、他の自転車から十分に離れて停車すること。
8.参加者の応援等のための車両伴走は禁止します。
事故の対応 1.一般の車両や歩行者が関わる事故の場合は、必ず警察に連絡をお願いいたします。
2.事故現場では躊躇せずにスタッフ等、周囲に助けを求めてください。
3.適切な救命処置及び救急処置をとった後、できるだけ早くイベント本部の緊急電話番号に連絡をしてください。
4.当イベントに起因した事故に関しては応急処置を行いますが、病院などでの治療費等については一旦、当事者負担となりますので、ご自身の健康保険証を必ず携行願います。
5.当イベントで加入しているものか、個人的に加入しているものかを問わず、傷害保険の請求には警察署の事故証明が必要になるケースがあります。
6.交通事故証明書は警察への届出が必要です。当事者の連絡の不備などにより保険の請求ができない事態となってもイベント運営側では一切の責任を負うことができません。併せてご注意ください。
リタイア 何らかの理由でフィニッシュに帰着せずリタイアする場合は、当日のイベント本部に必ず連絡すること。なおイベント本部の連絡先は、参加申し込み完了後、事前(イベント前まで)にお知らせいたします。
規約
保険 当イベントは参加者を対象に傷害保険に加入します。 なお、加入する保険の給付限度額以上の保障には応じることができません。その範囲を超えた金額に関しては参加者 ご本人様の自己責任となります。また、治療費等はすべてご本人様の負担となります。必要な場合は個別に傷害保険 に加入することをお勧めします。

<自転車保険について>
大阪府では平成28年4月1日より、大阪府における自転車の交通事故防止と被害者の保護を図るため「大阪府自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が施行されています。条例では、府民の自転車の安全利用促進、点検・整備の促進、高齢者の自転車用ヘルメットの着用の努力義務などが規定されています。また平成28年7月1日からは、自転車事故による賠償責任を補償する保険への加入が義務付けられています。自転車もクルマと同じ車両です。
運転者としての責任を持って、交通ルールとマナーを守りましょう。

詳細は大阪府のホームページをご覧ください
個人情報 1.申込書の個人情報は、は主催者及び企画運営者にて適切に管理し、お申込み内容の確認、連絡、ならびに資料や 次回イベント等サービス案内のために利用させていただきます。また、よりよいサービスを提供するため個人を特定できない統計情報を作成し、事業に活用することもあります。
2.「いばきた」フォトサイクリング事務局より参加申込に関する確認の連絡をさせていただく場合がございます。
その他 1.原則として雨天決行ですが、悪天候などにより、イベントが予定どおり開催できない場合、主催者の判断でイベ   ント内容変更、または中止する場合があります。
2.自宅や宿泊先、駐車場などから会場へ移動の際にも交通規則を遵守の上、交通事故には十分注意してください。
3.イベント当日に撮影した写真・映像等はイベント広報のために使用します。予めご了承ください。
4.貴重品は各自の責任で保管してください。主催者は盗難・紛失の責任を負いません。

罰則
以上のイベント規約を守らず、誘導員からの警告を受けても改善されない場合は、参加を取りやめていただく場合があります。